AGA改善の為覚えておきたい、6つの基礎食品群と4つの食品群。

AGA改善のためには食生活の見直しが必要といいますが、そもそも栄養バランスの良い食事というのは、どのようなものなのでしょうか。

単純に髪の毛にいいとか頭皮にいいとかではなく、たとえば内臓脂肪に悪影響を及ぼしてしまうような食事であれば、血液の質を悪くして栄養がカラダの中に行き届かなくなり、めぐり巡って頭皮や毛根にも栄養がいかなくなる…。

血液のサラサラ度合いが落ちて血行が悪くなり、頭皮マッサージをしても効果が薄れるといったように、AGAとは関係のないような食の偏りでもAGA改善にはマイナスになるといったことなのです。

つまりカラダが健康な状態でなければ、髪にも頭皮にも応分のマイナス要素が付加されてしまい、逆に栄養バランスが理想的であれば、育毛・発毛環境も自然に整っていくということです。

AGAや薄毛に悩んでいる人なら誰でも知っていそうな常識的な話ですが、「ではAGAを良くするには、具体的にどんな食材が必要?」と問われたとき、ほとんどの人は具体的に答えられないでしょう。

そこで、「AGA」、「健康」、「バランス」という3つのキーワードにマッチした指標を見つけましたのでご紹介します。

それは厚生労働省が指標として公表しているもので、「6つの基礎食品群」と「4つの食品群」というものです。

たとえば、1群の食材では魚・肉・卵を1つのグループとし、大豆・大豆製品をあげています。

たんぱく質を摂取し、基礎的なカラダをつくるのに重要、さらに筋肉をつくる、エネルギー源となるというようにまとめています。

同様に2群では、 牛乳・乳製品をあげ、カルシウムを摂取して骨や歯をつくるのに重要な食物、また海藻・小魚類は、カラダの各機能を調節するに必須の栄養素としています。

ごく一部ですが、このようにして、6つの基礎食品群と4つの食品群が検証されています。

AGA改善をめざすみなさんの参考になればと思います。

★他にも役立つ情報がたくさん⇒AGAで困ったら