ひざサポートコラーゲンの成分

By | 2016年7月3日

ひざサポートコラーゲンは成分を表示する事で示す事が出来る機能性表示食品です。

主な成分はというと膝の曲げ伸ばしをサポートする成分と言われているコラーゲンペプチドです。

元々コラーゲンは骨や軟骨を合成する重要なたんぱく質であり、この成分が不足すると合成する力が低下してしまい、その結果膝などが傷みやすくなってしまいます。

コラーゲンペプチドは消化吸収しやすいコラーゲンであり、摂取する事で有効にコラーゲンを摂取する事が出来ます。

このコラーゲンペプチドは食品からの多量摂取は困難ですので、こういったサポートが大切になっていきます。

他にもひざサポートコラーゲンにはヒアルロン酸とコンドロイチン硫酸含有ムコ多糖が含まれており、総合的に膝をサポートしてくれます。

ヒアルロン酸は肌のうるおいを助ける成分として有名ですが、細胞の保護も行ってくれますので、膝サポートに有効です。

またコンドロイチン硫酸含有ムコ多糖も骨形成を促進する効果があり、軟骨がすり減る事で起こる痛みを緩和してくれます。

年齢を重ねていくと今までは十分補給されてきた成分が減少していきます。

その結果体には負担となり、痛みなどの危険信号が出てきてしまうのですが、不足している成分をサポートする事でその状態を改善する事が出来ます。

ただ薬ではありませんので、良い食生活や習慣も維持しなければいけませんが、それでも不足している成分がひざサポートコラーゲンで補給出来るという事です。